安楽死の選択を心配している年配のペットの飼い主の世話について考える方法| 日本放送協会

安楽死の選択を心配している年配のペットの飼い主の世話について考える方法| 日本放送協会



猫15.66歳
14.65歳の犬

これは、業界グループによって調査された平均寿命です。 飼い主は、老化したペットが重病になったときの世話や治療の仕方を心配しています。


あなたの価値観はアメリカとは異なりますか?

「安楽死は人間のエゴです」
「日本人の方が長生きですよね?」

アメリカではペットの安楽死が一般的であるというSNSへの投稿は、ペットの考え方について論争を呼んでいます。

私は老犬の世話を続けましたが…

一部の所有者は引き続き気にかけていますが、それでも彼らの選択が本当に正しいかどうか疑問に思っています。
4月、茨城県の来栖優子さんは13歳のシー・ズーに会いました。

少し頑固でしたが、クルスさんはSNSに犬の日常の姿を投稿し、しっかりと覚えていて、知人以外の人にフォローされていることを誇りに思います。

彼は大きな病気もなく年をとったが、1月に肺炎で入院し、その後失明した。

また、鼻と脳の間に悪性腫瘍があり、3月には嗅覚が失われ、一人で食べたり飲んだりすることができなくなりました。

痛みのために呼吸が激しくなり、夜は眠れなくなったため、来栖氏は安楽死を選択肢として考え始めた。

それでも、犬と一緒にいたいという願望をできるだけあきらめることはできませんでした。

来栖さん
もっと早く死なせたいと思っていたのですが、それ以上亡くなったら悲しくなりました。 見たり嗅いだりすることはできなかったが、「できるだけ早く解放して」と不平を言っていたのかもしれない。 それでも、私は一緒にいたかったので、私を世話し続けました。

来栖さんは、犬が長い間エゴに苦しんでいたのではないかと思うことがあります。

来栖さん
苦しんだことに憤慨していると思います。 一方で、限界まで生きることで、お互いに納得していたのではないかと自分に言い聞かせています。

ペットの老化は年々進んでいます

ペットとして人気のある犬猫の平均寿命は伸びています。
ペットフードを製造・販売しているペットフード協会によると、医療の進歩とペットフードの栄養バランスの改善により、平均寿命は約10年で、犬は0.78歳、猫は1.3歳です。 拡張されます。

ペットの寿命が長いほど、一緒に暮らすことができますが、年をとるにつれて深刻な病気になることがあります。
介護を継続するかどうかは、飼い主にとって深刻な問題です。

「この病気は治せない」

病気の犬を和らげるために安楽死を選んだ飼い主は、痛みを伴う胸を明らかにした。
奈良県梅沢薫さんは昨年7月に9歳のミニチュアピンシャーを見ました。

優しい性格で散歩をしていると、近所の子供たちがいつも話しかけてくれて、体を撫でていました。
車で出かけようとすると、「どこへ行くの?連れて行って」と吠えた。
そして夜、梅沢さんの隣で寝ていました。

一人暮らしの梅沢さんにとって、生後2ヶ月から飼い始めた犬はかけがえのない存在でした。
しかし、7歳から痛々しい咳をし始めました。

奈良と大阪のいくつかの獣医クリニックを訪れた結果、「気管支拡張症」と診断されました。
呼吸困難や吐き気を引き起こす病気で、獣医師から「この病気は治まらず、悪化するだけです」と言われました。

当初、病院で注射を受けたところ、症状は治まりましたが、次第に効果がなくなりました。

安楽死の選択は正しかったですか?

根本的な治療法がない場合、獣医師は犬が苦しみから逃れるのを助けるために安楽死のオプションを提供しました。

梅沢さん
毎日神社で咳が治まるように祈った。 最初は安楽死のことを考えたことがなかったのでびっくりしました。 オーナーが1分か1秒一緒にいたいので、本を買って治療法があるか調べました。 しかし、先生が言ったように、治療法は出てきませんでした。

咳が止まらず、眠くても眠れない愛犬。

状況が悪化するのを見ながら、寄り添い続けるのか、苦しみから解放されるのか、大きく揺れました。

梅沢さん
彼が亡くなる1、2週間前に、彼は「すぐに治る」と言い、「安楽死させて気分を良くしたいですか?」と尋ねました。 どちらが優れているかについて、2つの選択肢が頭の中で苦労していました。

心配事を重ねた後、梅沢さんは獣医師の「悪化する」という言葉を踏まえて安楽死させることにした。

昨夜、彼女が涙を流して言ったとき、「これまでありがとう。私はあなたを苦しみから解放します」と彼女は言った、「何が悪いの?」 そして梅沢さんの涙をなめました。

梅沢さん
寝たときの安楽死の選択は正しかったのだろうか。 おそらく彼は彼の自然な生活を実現することに反対していたのでしょう。 おそらく私の犬は、たとえそれが苦痛であったとしても、私と一緒にいたかったのでしょう。 でもそれでも、その痛みから解放されたのは私の思いやりだと思いました。 天国の犬に「こんなことをしてよかった」と言わざるを得ないので、自分に言い聞かせないといけないと思います。

私は命を救うために獣医になりました

安楽死がどうあるべきかを心配しているのは所有者だけではありません。

42年前に獣医になった大谷日出夫は、大好きな犬や猫の命を救いたかったので、もともと獣医学の道を選びました。
しかし、獣医として、彼は本当に自分の命を救うことができず、治療の選択肢の1つとして安楽死に直面しなければなりませんでした。

大谷さん
動物を助けたかったので獣医になったのに、命にかかわる決断をしなければならないという事実とは逆の、あるいは矛盾しているような気がします。 があった。 彼は自分の命を奪うという大きな責任感を持っていました、そして彼は自分の命を奪うことができるかどうか疑問に思いました。

獣医としての経験を積むにつれ、苦しみや痛みを取り除くことの方が、生き続けることよりも重要だと思い始めました。

それでも、実際に手術をするのは違和感があります。

大谷さん
私自身、猫を安楽死させることにしたことがあります。 「少しでも一緒にいたい」という気持ちが強くてとても心配でした。 飼い主とペットを考えると、安楽死について無情になることはできません。 しかし、苦しみを取り除くことは避けられない選択であり、今では獣医として苦痛を負わなければならないと思います。

安楽死の基準はありますか?

現場に預けられたペットの安楽死。 動物福祉行政を管轄する環境省によると、「前提として、不必要にペットを傷つけたり殺したりすることは法律で禁止されているが、状況によっては安楽死が認められている」とのこと。 ..

しかし、安楽死がいつ選択肢になるかについては「基準はありません」。
海外では、国や獣医協会が安楽死の基準を定めているケースもあり、環境省は各国の状況を調査している。

まず、話し合います

ペットの老化問題に精通している帝京科学大学の佐伯淳教授は、基準がない理由として、飼い主は日本で安楽死させることに消極的であると指摘している。

佐伯教授
もともと日本人は自然な生活を終わらせなければならないという強い考えを持っていましたが、今まで安楽死について話し合うのはタブーでした。 したがって、安楽死がいつ選択できるかについての基準はなく、飼い主や獣医によって幅広い判断があります。 それは飼い主や獣医師の負担にもなると思います。

佐伯教授は、安楽死への大きな決断の基準を設定する議論を始めることが不可欠であると述べています。

佐伯教授
安楽死させるかどうかは、飼い主の宗教観や医療関係者の倫理観にかかっているので、一律に決めるのは難しいと思います。 しかし、それを選択肢として考えるときは、基準を指針として示す必要があります。獣医の観点だけでなく、社会学的、倫理的、法的な観点からも全国的な議論を始める時が来たと思います。見る。

冒頭の犬の写真は、私が(記者の)実家に置いている12歳のパピヨンです。
年をとると気管が病気になり、ガーガーで痛い呼吸をし始めました。

このインタビューを通じて、飼い主は、老化したペットの世話を続けているかどうか、決定が正しいかどうかを自問し続けていることがわかりました。

そんな重い決断が必要かもしれないと早くから気づき、家族で話し合い、成長することが大切だと改めて実感しました。

(ネットワークニュース部今野達郎)

Leave a Reply

Your email address will not be published.