介護は難しい犬や猫を飼う前に知っておくべきこと|  NHK | ニュースアップ

介護は難しい犬や猫を飼う前に知っておくべきこと| NHK | ニュースアップ



心を癒してくれるペットを飼いたい!

その気持ちはわかりますが、しばらくお待ちください。

長命のペットの世話が難しいことをご存知ですか?



「私は毎日ペットの世話をするのに忙しいです。」
「私たちが十分にコミュニケーションをとることができないので、それは人間のケアより難しいです。」

SNSでは、高齢のペットの世話をしている飼い主が、過酷な日々を告げる一連の投稿を投稿しています。

寄稿者の一人、東京都江東区在住の山本憲子さん(62)に話を聞いた。

山本さんは2004年からペットの飼育を始めました。

その理由は、3人の子供がそれを望んでいたからです。

ペットショップで「かわいい」に一目惚れしたのは生後2ヶ月の柴犬。

当時、私は長生きした場合に直面する可能性のある介護を想像していませんでした。

彼がボールを外に投げると、彼はそれを手に入れて喜んで行き、さらに彼は戻ってきます。

6年前に彼を千葉に連れて行った。

ペットと一緒に泊まれるホテルで犬を走らせて楽しんだのはいい思い出だったと思います。

激しい老犬の世話の現実は何ですか?

犬が16歳になる2年前。

後ろ足の自由が失われ、歩き回ることができます。

大好きだったボールがだんだんできなくなってきました。

今は一人で歩くのが難しいので、ウォーカーを使っています。

介護は24時間ご利用いただけます。

自立できないので、片方の腕で体を持ち、もう片方の手で食べ物を口に近づけます。

噛む力も弱くなり、ペットフードは水で柔らかくする必要があります。

そして、長期ケアの最も物理的に難しい部分は、夜の鳴き声に対処することです。

寝ても30分から2時間おきに痛そうで起きようとしますができません。

泣くたびに同じ部屋で寝ている山本さんに電話します。

体を持ち上げるが、すぐによろめいて倒れるペットの犬。

起きて倒れ、起きて倒れ、真夜中に約1時間繰り返されます。

山本さん
「ここ数年、よく眠れず、睡眠不足になっています。深夜に下痢のようなうんちが漏れることがあるので、たくさんの掃除をしなければなりません。日中は4時間くらい寝るタイミングがあるので、急いで家事をして昼寝をします。大型犬よりも体調は良いと思いますが、ほとんどの時間は専念しています。私の犬に。は」

家族全員がフルタイムで働いているので、山本さんがほぼお世話になっています。

それまでは会社の給湯器のアルバイトを1日5時間行っていましたが、今では1日30分程度に特別に短縮されています。

一方、介護の開始以来、ペット用の介護用品や医薬品が必要になり、年間費用は約10万円増加しています。

このため、私たちは家族のための食料のコストを削減し、私たち自身の衣服や化粧品を削減することで対応しています。

山本さん
「もちろん生き物なので、世話をする必要がありますが、飼い始めた頃は全く考えていなかったのが恥ずかしいです。気が進まないです。」同棲して18年近くになりますが、私は家族の一員なので、もっと長生きしてほしいです。」

ペットの世界でも、「介護」の問題が問題になっています。

犬や猫の平均余命は伸びています。
ペットフードを製造・販売しているペットフード協会によると、医療の進歩とペットフードの栄養バランスの改善により、平均寿命は約10年で、犬は0.78歳、猫は1.3歳です。 拡張されます。

ペットは長生きし、一緒に暮らせるようになりましたが、飼い主も年をとっており、ペットとの関係で人間界で深刻な事態となる可能性のある「介護」の事例が出​​てきています。 。
最悪の場合、それを維持することは困難になります。

脚光を浴びているのは、高齢者向け住宅ではなく「老犬の家」

そんな中、家で飼うことができなくなった犬や猫を飼っている「オールドドッグホーム(オールドキャットホーム)」の需要が高まっています。

東京都大田区の施設には、現在15匹の老犬と15匹の猫がいます。

日中は5名、夜は2名で、24時間近くの介護を行っています。
歩けない犬や猫に気分を変えてもらうために、1日に数回カートに入れて散歩に出かけます。

さらに、誕生日を迎えた犬や猫には特別な行動があります。
私が訪れた日、18歳の犬が大好きな鶏レバーで作った特別なケーキを食べていました。

18歳の犬の飼い主
「元々は祖母が持っていたのですが、年をとると手に入れられなくなったのでお世話になりました。実家に置いておくことができなかったのでとても助かりました。上記に愛されてきた祖母の家。」

東京ペットホーム社長渡辺皇帝
「ペットとその飼い主が年をとるにつれ、毎週「お世話になりますか?」という緊急の問い合わせがあり、4〜5年は定員に近づいています。離れたいと思ったら、自立が減ったり入院したりしてやむを得ず見ることができない場合が多いです。飼い主さんからお話を伺いながら介護をしています。」

老犬の家に関する情報を提供している「老犬の世話」によると、昨年末現在、調査開始時の6年前の3倍以上の636匹の犬がいた。 に。
古い猫の家に引っ越してきた猫の数は107匹で、調査開始3年前の約1.5倍です。

「健康寿命」を延ばしたい

高齢ペットの世話の負担を極力減らすために、早い段階から対策を講じるオーナーが増えています。

千葉県船橋市のペット専用屋内施設では、専門スタッフの指導のもと、水深90cmでリハビリや運動不足を解消したいオーナーが撮影したミニチュアダックスフントをチャーター。 私はプールで泳いでいました。

2つのミニチュアダックスフントの所有者
「私の犬はヘルニアを患っていて、医者に相談してリハビリを始めました。最初は歩けませんでしたが、元気になって良かったです。」

ドッグプールRANA小山宏美社長
「ユーザー数は年々増えており、昨年の約1.2倍になっています。陸上で体重を支えられず、水中で揺れる子供は負担になります。移動できるのでリハビリに最適です。また、普段はダイエットに気を配り、筋力を高めて長時間健康を維持する人も多い」と語った。

突然の運動は高齢者の身体的負担を増大させる可能性があるため、この施設は初めて8歳未満の子供のみを受け入れます。

生き物を飼うことの重さを考えてください

ペットの老化問題に精通している帝京科学大学の佐伯淳教授は、ペットの犬や猫が家族の一員として受け入れられる限り、最後まで世話をすることは非常に責任があると主張している。 増加。

佐伯教授
「コロナカのせいでペットを飼いたいという人が増えていると聞きましたが、長生きすれば介護や介護のためにある程度命を落とすかもしれません。15年作ってほしい16年の寿命を持つ生き物を飼うことの重さを理解した上での決定。また、ペットの小さな変化に注意し、通常はかかりつけの医師に相談し、食べたり運動したりすることに注意してください。お金を使うことで健康的な寿命を保ち、飼い主とペットの両方の負担を可能な限り減らします。」

私(記者)も実家に12歳のパピヨンを持っています。
今、私は一人で食事をし、散歩に行くことができます。
しかし、年々、私たちが食べる食べ物の量は減少し、歩く時間は短くなっています。

このインタビューを通して、70代の両親に世話を任せるのではなく、離れて暮らす自分の介護も含めて、犬に何ができるのかを真剣に考えなければならないことに気づきました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.