世界中で676万人以上が参加し、2500万本のペットボトルに相当するごみの収集に貢献しました。

世界中で676万人以上が参加し、2500万本のペットボトルに相当するごみの収集に貢献しました。

https://store.adidas.jp/runfortheoceans/
#今日は海に向かって走る

アディダスとパーリーは、今年のRUN FOR THE OCEANSで、プラスチック廃棄物ゼロの未来を目指して、世界中の移動時間10分ごとに沿岸地域からペットボトル1本に相当するプラスチック廃棄物を収集します。 私はでそれをしました。 その結果、189カ国すべてから約676万人が参加し、昨年を大幅に上回り、世界最大の参加者数を記録することができました。 また、参加者の総走行時間は7億1,722万分(約1,285万時間)を超え、最大回収重量250トン、ペットボトル約2,500万本に相当するプラスチックごみの収集に貢献しました。 やりました。

また、日本でも様々な活動を行い、昨年に比べて日本だけでも約6万人の参加者がありました。 イベント初日である5月23日(月)には、羽田卓也(カヌースラローム)、岩出玲也(陸上競技)など約50名のアディダス選手がサステナビリティと環境保全に関するワークショップ「アディダス」に参加しました。 「サステナビリティスクール」が開校しました。 また、期間中は「ADIDAS RUNNERS TOKYO」スペシャルウィークとして、元ビーチバレー選手の坂口佳穂さんとラグビーの松井千士さんと一緒に、走りながらゴミ拾いをする「渋谷530チャレンジ」を開催します。 さまざまなパートナーと協力して、スポーツクライミングの野中生萌や柔道家の野村忠宏と一緒に活動を楽しむビーチセッションやサステナビリティを学ぶオンラインセッションなど、「RUNFORTHEOCEANS」を盛り上げました。
今年の「RUNFORTHEOCEANS」の測定終了を記念して、アディダスがパートナーと行った取り組みをまとめたブランドフィルムが本日、アディダス東京の公式Instagram(https://www.instagram.com/adidastokyo/)で公開されました。 )。 もっと公開します。

アディダスは、プラスチック廃棄物ゼロの未来に向けて、世界中で持続可能な活動を続けていきます。
※ペットボトル1本分相当(最大回収重量上限250,000kg)

 

  • 「RUNFORTHEOCEANS2022」詳細レポート

■「アディダスサステナビリティスクール」

5月23日(月)、「RUN FOR THE OCEANS」のキックオフに伴い、アディダスは「アディダスサステナビリティスクール」を開催し、アスリートにサステナビリティについて講義しました。 当日は、カヌースラローム羽田卓也、陸上競技の岩出玲也、アディダスサッカーアドバイザーの石川直弘が会場の「クラス」に参加し、オンライン野球選手の清宮幸太郎とフィギュアスケートの坂本花織が参加した。 選手、サッカー選手浅野拓磨を含む16大会から44名の選手が参加しました。

今回の講演では、NPO法人UMINARIおよびADIDASRUNNERSTOKYOサステナビリティアドバイザーの代表であるLukeDate氏とモデルの長谷川ミラ氏を講師として招聘しました。 「RUNFORTHEOCEANS」に関連する持続可能性の基本概念と海洋汚染の現状について、クイズ形式の会議が開催されます。 参加したアスリートからは、「サステナビリティという言葉は知っていたが、具体的な問題点や現状はわからなかった」「この機会にまた学びたい」など、さまざまな意見や感想が寄せられました。 田。

■ADIDASRUNNERSTOKYO RUN FOR THE OCEANSWEEK*一部抜粋


S-SAP(渋谷社会活動パートナー)協定に基づき、アディダスと渋谷区は渋谷区でランニング中にゴミを拾うために「目録」を実施しました。 当日は、サステナースクールにも参加したアルバルク東京ザックバランスキーとルーク、國學院大学体育部、鈴木圭仁、平林清澄、太陽陸がゲストランナーとして登場。 私はADIDASRUNNERSTOKYOと一緒に走り、アルバルク東京と國學院大学の「故郷」である渋谷の街をゴミゼロにしました。


ADIDAS RUNNERS TOKYOのセッションには、合計約100名の参加者があり、期間中の参加者数は最大でした。
元ビーチバレーボール選手の坂口佳穂さんと、アディダスサステナースクールにも参加したラグビー選手の松井千士さんと一緒に、ビーチバレーボールや砂浜でのトレーニング、ビーチヨガ、親子でのプロギングセッションなど、さまざまなアクティビティを楽しめます。 「RUNFORTHEOCEANS SUMMIT」は、サンセットビーチパークイナージュで開催されました。 当日は、アディダスサステナビリティスクールの講師を務めたミラアイナさんとルークデイトさんも参加しました。 参加者は、ランニングだけでなく、各活動もランニング時間としてカウントし、プラスチック廃棄物の収集に貢献しました。


クライミングの野中生萌と野村忠宏をゲストに招き、RUNFORTHEOCEANSとサステナビリティについてのスペシャルトークセッションをオンラインで開催しました。 後世の研修活動をし​​ている野村忠宏さんは、「興味と興味を持つことが大切で、アディダスの活動や今回のセッションについて学びました。今後も積極的に情報発信していきたいと思います。 「」 まとめると、子供の頃から浜辺の清掃活動をしている野中さんは、「一人ひとりの意識が変わると、世界も地球も変わるので、自然へのオマージュとして働きたいです。通常はフィールドです。」 それは、持続可能性が今やアスリートにとって非常に重要な問題であることを私たちに思い出させたセッションでした。 トークセッション終了後は、ゲストとのオンラインワークアウトも実施し、移動しながら持続可能性を学ぶ機会となりました。


6月6日(月)、日本サッカー協会(JFA)の協力を得て、「キリンチャレンジカップ2022 SAMURAI BLUE VSブラジル代表」の試合に先立ち、国立競技場で特別セッションが行われました。 ..当日の天候によりプログラムに若干の変更がありましたが、試合前に選手と同じ視点で会場を体験できるオンサイトランは、参加者全員が絶対にできない特別な瞬間でした。忘れる。 また、当日の試合では、日本代表選手の走行時間をRUN FOR THE OCEANSの走行時間としてカウントし、ファンと選手が協力してプラスチック廃棄物の削減に貢献しました。

■JFA(日本サッカー協会/日本代表)

アディダスと日本サッカー協会(JFA)は、「キリンチャレンジカップ2022 SAMURAIBLUEVSパラグアイ代表」と「キリンチャレンジカップ2022SAMURAIBLUEVSブラジル代表」の2試合で「アディダスRUN」を開催すると発表した。 「FORTHEOCEANSキャンペーン」を開催。 この2試合を通じて、日本代表選手の総走行時間は2,057分であり、ペットボトル205本分に相当するペットボトルの収集に貢献しました。 また、6月4日(土)には、幕張海人公園とその周辺の沿岸部で「アスパス!ビーチクリーン」が開催されます。 当日は、全国のサポーターや海浜幕張エリアの方々を含め、合計176名が参加し、約1時間で129袋のごみを収集し、それぞれの収集活動時間をランニングとしてカウントしました。時間。 それで、ごみのさらなる削減につながることができました。

■横浜F・マリノス

横浜F・マリノスから、アスリートやランニングクラブのメンバーが「RUNFORTHEOCEANS」イニシアチブに参加しました。 2010年から横浜F・マリノスが運営する陸上競技部での「RUN FOR THE OCEANS」、「RUN FOR THE OCEANS working」の実行時間としてカウントされる期間中に開催された2試合の選手の実行時間に加えて、 。「セッション」は5月28日(土)に開催されます。 期間中のアスリートと陸上競技チームの合計走行時間は6,252分であり、これは625本のペットボトルに相当するプラスチック廃棄物の収集に貢献しました。

■アルバルク東京

アルバルク東京は5月23日(月)からチームのアディダスランナーズグループをオープンし、ランナーを募集しました。 6月5日(日)、アリーナ立川立川アリーナ立川立川のファンフェスタに、2021年から22年にかけてRUNFORTHEOCEANSブースが登場します。 また、来場時にグループにご登録いただいた方、事前登録後にご来場いただいた方へのプレゼントも予定しており、大盛況でした。 期間中にグループに参加したメンバーの総走行時間は12,146分であり、1,214本のペットボトルに相当するプラスチック廃棄物の収集に貢献しました。

■青山学院大学青山学院大学青山学院大学青山学院大学青山学院大学青山学院大学青山学院大学青山学院大学青山学院大学青山学院大学陸上競技部

アディダスと提携している青山学院大学青山体育クラブと國學院大学体育部は、測定期間中の実際のランニングとレースをすべてRUNFORTHEOCEANSのランニングタイムとしてカウントしています。 期間中、2つの大学の合計稼働時間は123,420分であり、12,342本のペットボトルに相当するプラスチック廃棄物の削減に貢献しました。

・RUN FOR THE OCEANSは、主要なアディダスのビジネスパートナーおよび協力企業をサポートします。
ABCマート/アルパイン/スポーツデポ/アトモス/アマゾン/ステップスポーツ/サッカーショップKAMO/スポーツオーソリティ/ヒマラヤスポーツ/スーパースポーツゼビオビクトリア/ガーミン/レッドブル

■リファレンス


2015年4月、アディダスは、海の美しさと脆弱性について人々を教育する環境団体であるPARLEY FORTHEOCEANSとのパートナーシップを発表しました。 創設メンバーとして、アディダスは教育とコミュニケーションのイニシアチブとプラスチックからの海洋汚染を根絶することを目的とした包括的な海洋プラスチックプログラムでパーリーをサポートしています。
(Ocean Plastic Programは、AIR戦略に基づくプログラムです(回避=プラスチック使用の回避、インターセプト=回復、再設計=再設計)。)


RUN FOR THE OCEANSは、PARLEY FOR THE OCEANSとともに、スポーツを通じてプラスチック廃棄物問題への意識を高め、積極的な行動につながる取り組みとして2017年に開始され、今年で5回目の開催となります。 このイニシアチブには、合計820万人以上のランナーが参加し、昨年は全世界で503万人、日本で約6万人の参加者を記録し、史上最大のイベントとなりました。 また、2015年からアディダスはパーリーと共同で、沿岸・沿岸地域で収集されたプラスチック廃棄物のアップサイクルによって生み出された素材「PARLEYOCEANPLASTIC」を使用した靴を制作しています。 合計5000万足以上を売り上げました。

©2022adidasJapan KK adidas、Badge of Sport、および3-Stripesマークは、adidasの登録商標です。


アディダスカスタマーサービスセンターTel:0570-033-033(週末と祝日を除く、9:30-18:00)

Leave a Reply

Your email address will not be published.