ペットビジネス業界は、異なる業界間のコラボレーションを通じて加速します|  「獣医起業家」と「プリモ獣医病院」の課題QAL管理| ダイヤモンドオンライン

ペットビジネス業界は、異なる業界間のコラボレーションを通じて加速します| 「獣医起業家」と「プリモ獣医病院」の課題QAL管理| ダイヤモンドオンライン

写真:FIFO

家族や人間が快適に暮らせるように、ペットにお金をかける人が増えています。 これに伴い、ペット業界の市場も拡大しています。 その将来を見越して、さまざまな業界から新たなプレーヤーが市場に参入し、ペットビジネスの世界は大きく変化し始めています。 かつては個人所有者が多かったペットビジネスの分野で、どのような企業がどのような新しい価値を提供しようとしているのでしょうか。 また、さまざまな業界からの新規参入者とのコラボレーションは、ペットビジネスの未来をどのように変えますか?獣医の資格を持ち、彼が管理するJPRグループの新しいペットビジネスの可能性を探る生目靖道の本。「獣医起業家」と「相模動物病院」のQAL管理に挑戦「人と動物が一緒に幸せに暮らせる未来」のために、将来のペットビジネスの道を模索しました。 (インタビュー/作曲/九尾明夫)

動物用医薬品はペット事業の深化に遅れをとっている

-生冨氏の著書「QALマネジメント」では、現在のペットビジネス市場は全体として深まり、ペットの誕生から死に至るまで、すべての商品やサービスが提供されているとのことです。 そして、それが市場の拡大を推進している一方で、医療分野だけが取り残されていることが指摘されています。 具体的には、獣医学の分野での遅れは何ですか?

郁口靖一(以下、郁目)簡単に言えば、他のペット業界は商品やサービスをより便利に、より簡単に楽しむことができるようになっていますが、獣医学は「不便」、「病院へのアクセスが難しい」、「価格が明確ではない」です。 「相談が難しい」「いい病院が見つからない」という問題が残っています。

私は獣医クリニックに行きやすい世界を作るために多くの挑戦をしてきました。 獣医でありながら経営に注力することで、神奈川県と東京に8つの獣医病院と医療センターを設立し、病院間の連携を深め、専門医療に柔軟に対応しています。 また、地域の救命救急センターとなる医療センターが今夏オープンする予定です。

一方、獣医師や看護師の職場環境の改善に努め、より良い治療を提供できるよう取り組んでいます。

しかし、獣医学の分野でのみ、世界のシステムに遅れをとっている現状に大きな変化をもたらすことには限界があることも認識しています。 そのため、それらを解決するために、さまざまな業界と連携して、まったく新しいアプローチに挑戦しています。

博報堂傘下のスタートアップスタジオ、クォンタムとの合弁会社「QALスタートアップ」を設立。 所有者の利便性を向上させる「経理を待つ必要のないオンライン決済システム」と「獣医病院の事業承継のためのマッチングプラットフォーム」を開発しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.