コラム:コロナの急速な拡大、GoToの旅行延期、4つの影響の影響| ロイター

コラム:コロナの急速な拡大、GoToの旅行延期、4つの影響の影響| ロイター

[Tokyo 7th Reuters]-新しいコロナウイルスに感染した人の数は急速に増加しています。 日本全体では6日で4,000人を超え、勢いが増しています。 政府は2月から「GoToTravel」を再開することに腹を立てていたが、延期されることは間違いない。 それは対面サービスの回復を妨げ、鉄道や航空の株価を傷つけるでしょう。 さらに、物価上昇の影響や内閣の承認率の低下圧力など、幅広い分野に大きな影響を与えることが期待されます。

新しいコロナウイルスに感染した人の数は急速に増加しています。 政府は2月から「GoToTravel」を再開することに腹を立てていたが、延期されることは間違いない。 写真は2020年10月に羽田空港で撮影された(2022年ロイター/加藤一世)

デルタ株が専門家によって指摘されたオミクロン株に置き換わったことで、感染の拡大は前例のないペースで加速しています。 沖縄県の感染者数は、6日は981人でしたが、7日は1,400人を超えると見込まれています。

その結果、政府と与党がコロナカからの景気回復の「決定要因」の一つとして位置づけた「旅行に行く」の再開は不透明になっている。 共同通信によると、斉藤鉄夫国土交通大臣は7日の記者会見で、「新コロナウイルスの感染状況は穏やかであることが大前提である。言う段階ではない」と述べた。時間。” 彼は、再開の正確なタイミングが不明であることを認めた。

観光業界などはこの春休みを最初の「稼ぎポイント」と見ていましたが、現在の感染状況を考えると、3月下旬からの再開は難しいでしょう。 4月末からゴールデンウィーク休暇前に再開する見込みはなく、順調に進んでおり、夏休みから最も早いシナリオになりつつあります。

これが方向性に大きな影響を与える発火点であることを指摘したいと思います。 以下は波及効果の4つの具体例です。

最も直接的な影響は、旅行と外食を中心とした対面サービスの分野にあります。 GoTo Travelの再開を楽しみにして、過去2年間に蓄積した債務を返済するために利益を上げようとするだけで、深刻な状況に直面する可能性があります。

中小企業も多く、すでに全額融資を受けており、忍耐期間が長くなると資金調達が困難になることが予想されます。

コロナ感染者の急増は、感染者数が減少した年末に利用者が急増した鉄道会社や航空会社にとっても、経営陣にとって苦痛な状況です。 2021年末から2010年初頭にかけてのJR新幹線と特急ユーザーの数は、2019年同時期のコロナ感染前の同時期の約75%に回復しました。感染の拡大がなければ、ユーザー数は2010年にはさらに増加し​​、コロナ感染前のレベル回復はそれほど遠くない時間で実現できるでしょう。

しかし、オミクロン株の急速な広がりは、そのような計画を膨らませる可能性を生み出しました。 航空会社も需要の回復を見越して客室乗務員の採用を再開する動きを示していますが、どうなるのでしょうか。 先読み株式市場では、鉄道や航空などの株式が売り圧力にさらされる可能性があります。

GoTo旅行の再開を延期すると、価格の上昇をさらに押し上げる効果があります。 2021年11月の全国消費者物価指数(CPI)によると、宿泊費は0.34パーセントポイントのブースト効果をもたらしました。 「GoToTravel」の停止により、前年のGoToTravelの実施により下落した宿泊費が増加しました。

今年2月からGoToTravelから再開すると、腕立て伏せ量がなくなるだけでなく、ある程度の腕立て伏せ効果も発揮されることが期待されます。

ただし、夏までGoTo Travelを再開しないと、4月の段階で携帯電話料金の値下げがなくなり、CPIに1ポイント以上の値上げ効果が加わり、食品やガソリンはさらに追加されます。 含まれています。

11月の全国コアCPI(フレッシュを除く)は前年比0.5%増でしたが、今年6月の全国コアCPIでは、記録されていない携帯電話料金の削減額は約1.5ポイントのようです。 。 その結果、筆者は、日本銀行が全体で2%の目標を達成した可能性があると予測している。

新しいコロナに感染する人の数の急増が内閣の承認率に反映される可能性が高いという見方は、政府と与党内で支配的であるように思われる。 菅義偉は内閣時代の典型であり、感染者数が増えると承認率は低下します。 感染者数が減少するにつれて承認率が上がるというパターンが確立されています。

政府や与党にとっての頭痛の種は、オミクロン株の感染力が強く、沖縄県や広島県で感染者が急増していることです。 毒性は低いとの見方もありますが、医学的には証明されておらず、入院患者数が病床数を超えて入院できなくなると、行政に対する批判が一気に高まる可能性があります。

最近の世論調査で60%の支持率を獲得している岸田文雄内閣は、オミクロン株への置き換えにより感染者数が急増すると、周囲の環境が一変するリスクがあります。

このように見ると、連邦準備制度理事会(FRB)のタカ派の傾向の外部環境変化だけでなく、新しいコロナの感染者数の急増という国内の「衛生問題」のいくつかもあります。 。 また、の危険因子があります。

思った通りに進めば、感染者の急増、サービス業の低迷、物価の高騰など、日本では「起こりたくない」という現実に直面することになるでしょう。岸田内閣の問題。 多くの状況があります。

オミクロン株の流行が7月の高等選挙の前に「過去の問題」になったかどうか。 この点は、今年の日本の政治・経済情勢に大きな影響を与える要因として注目されるでしょう。

●背景ニュース

・沖縄、山口、広島への拡散防止の適用に関するコンサルティング、9日から31日=山極担当大臣

*このドキュメントのニュース、取引価格、データ、その他の情報などのコンテンツは、ロイターのコラムニストが個人的な使用のみを目的として提供し、商業目的でのみ提供されています。 それは問題ではありません。 このドキュメントのこのコンテンツは、投資活動を勧誘または誘発することを意図したものではなく、このコンテンツを取引または購入または販売する際の意思決定に使用するのには適していません。 このコンテンツは、投資アドバイスとしての投資、税務、法律、またはその他のアドバイスを提供するものではなく、特定の金融個人株式、金融投資、または金融商品に関する推奨事項も提供しません。 この文書の使用は、資格のある投資専門家の投資アドバイスに取って代わるものではありません。 ロイターはコンテンツの信頼性を確保するために合理的な努力を払っていますが、コラムニストが提供する見解や意見は、ロイターの見解や分析ではなく、コラムニスト自身の見解や分析です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.