「都道府県割引」の大休日は対象外です。  「GoToTravel」は慎重に再開することを決定しました| 日本放送協会

「都道府県割引」の大休日は対象外です。 「GoToTravel」は慎重に再開することを決定しました| 日本放送協会

新たなコロナウイルスが発生するまでの1週間の新たな感染者数は1か月ぶりに減少したが、観光庁は観光需要を刺激する措置である「県割引」の実施期間を延長した。 、大きいですが。 連休は対象外と発表しました。 ひどい混雑により感染拡大のリスクがあると言われています。 「都道府県割引」「旅行に行く」への対応と長期休暇の混雑予報をまとめました。

新たに感染した人の数は、全国で1か月ぶりに減少しました

厚生労働省の専門家会議で発表された新しいコロナウイルス対策のアドバイスによると、19日までの週の新たな感染者数は前週の0.91倍である。約1ヶ月ぶりです。 減少に転じた。 関東地方でも、1大都市圏の6都道府県はすべて1倍を下回りました。

「ゴールデンウィークの休暇中はリスクの高い行動を避けてください」

厚生労働省の専門家会議によると、現在の感染者数の減少は、追加の予防接種による免疫の獲得と、多くの人が場所や状況を避けようとしているという事実によるものかもしれません。感染のリスクが高い。 一方、オミクロン株の感染性が高いとされる「BA.2」への置き換えは全国で約80%に進んでいると推定されており、増加の一因となる可能性があるため注意が必要です。 。 は。

️削減要因
・ブースターワクチン接種による免疫化
・多くの人のリスク回避行動

️増加の要因
・「BA.2」の交換予定80%
・長期休暇のため、引っ越しや外出の機会が増える

昨年夏のピークを上回り、新たな感染者が増え続けていることから、ゴールデンウィークの休み明けに出入りする機会が増え、感染拡大につながる可能性があるとの基本的な対策を呼びかけました。 。

専門家会議脇田隆字会長
「沖縄県では、昨年のゴールデンウィーク休暇後に感染者が増加しており、ゴールデンウィーク休暇中に多くの観光客が訪れ、リスクの高い人が増えると、感染状況に大きな影響が出ることが予想されます。連絡先が増える20日の議論では、日本全体で連絡先が増えると必ず感染が広がるとのことでしたが、ゴールデンウィークの休暇中に外出や旅行をすることもあると思いますが、経験から過去2年間のリスクの高い行動を避け、感染の拡大を抑える必要があります。」

5月末までの「都道府県割引」の延長は長期休暇には適用されません

観光庁は、旅行代金の割引などの観光需要を刺激するための措置である長期休暇をサポートしないことを発表しました。

ф「都道府県割引」
・旅行代金の割引
・お土産に使えるクーポン
・4月1日以降、対象地域を拡大
・東京、大阪、愛知を除く44都道府県から導入

これに伴い、観光庁は、この都道府県割引の実施期間を4月28日から5月末まで延長し、長期休暇である4月29日から5月8日まで延長する。 サポートから除外することです。

ゴールデンウィークの休日を除外する理由は、観光庁がこの期間中に割引を適用する可能性があり、それがひどい混雑につながり、新しいコロナの感染を広める可能性があるためです。

一方、現在停止中の「旅行に行く」については、観光庁が感染状況を把握した上で、いつ再開するかを慎重に決定します。

観光庁和田浩一
「厚生労働省の専門家会議では、一部の地方都市で感染が急速に拡大しているとの分析がありました。これは、政府が感染状況を細心の注意を払って監視しているためです。それに基づいて決定しました。」

「県割引」期間延長のための財源の群馬県等からの要請

一方、「県割引」期間の延長に伴い、群馬県の山本知事は齋藤国土交通大臣と会談し、群馬県など5県の知事が共同で指名した申請書を手渡した。県と岩手県。

それに伴い、都道府県の割引期間が延長されると、県の財源が不足する可能性があり、国の補助金の追加配分を要請している。
また、追加の配分が困難な場合は、現在中断している「旅行に行く」事業に割り当てられた予算を活用し、「旅行に行く」事業自体をできるだけ早く再開することが求められます。 増加。

群馬県山本知事
「都道府県割引の延長に感謝している。地域経済は非常に厳しいので、できるだけ早く旅行事業を再開したい」と語った。

高速道路や新幹線の連休中の渋滞

高速道路会社によると、ゴールデンウィークの休暇中、高速道路の混雑のピークは下り坂が5月3日、上り坂が5月4日と5日と予想され、場所によっては40kmを超える渋滞が予想されます。 それはそうだった。 これは、新しいコロナウイルスが蔓延する前と同じように交通渋滞が予想される場所があることを意味します。

また、13日現在のJR企業がまとめた4月28日から5月8日までの大規模な連続休暇を含む期間中の新幹線の予約状況に応じて、東北、秋田、山形新幹線を除く各新幹線の予約昨年は1.62倍になりました。 しかし、新たなコロナ感染が広がる4年前の同時期と比較すると、レベルの約50%であり、予約のピークは下り坂で4月29日、上り坂で5月5日です。

大手旅行会社のJTBは、宿泊施設の予約状況や経済指標から、長期休暇中に1600万人が国内旅行に出かけると見込んでいる。 昨年のゴールデンウィークの休日より68.4%高くなっていますが、コロナ以前の2019年より33.4%低くなっています。

「基本的な対策を徹底し、連休前に3回接種する」

20日の記者会見で、日本医師会は新しいコロナ対策について、長期休暇の行動が将来の感染状況に大きな影響を与えると述べ、特に若い世代のために基本的な感染対策を徹底的に実施しました。 。 休暇前に新しいコロナワクチンの3回目の接種を呼びかけました。

➤ゴールデンウィーク休暇中の注意事項
ゴールデンウィークの休日の行動が将来の感染状況に与える影響は非常に大きいです。 マスクの着用、手を洗う、指の消毒、混雑を避ける、換気などの感染対策を徹底し、旅行や飲食の際はできるだけ少人数で大騒ぎしないでください。 。 をしたい。

➤3回目の予防接種
接種後、効果が現れるまで約1〜2週間かかります。 予防接種を受けていない人、特に若い人には、ゴールデンウィークの休暇が始まる前にできるだけ早く予防接種を受けてほしいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published.