「プロセカ」ビビバスコネクトライブは「シネマ」「ビートイーター」「威風堂々」などの名曲が満載! 第1回パフォーマンスレポート|  PASH! プラス

「プロセカ」ビビバスコネクトライブは「シネマ」「ビートイーター」「威風堂々」などの名曲が満載! 第1回パフォーマンスレポート| PASH! プラス

iOS / Android向けのリズムアドベンチャーゲーム「ProjectSekaiColorfulStage!」 セガとサイバーエージェントグループのカラフルパレットとのコラボレーション。 feat。 初音ミク(プロセカ)」。 このアプリケーションの新しいバーチャルライブ「コネクトライブ」のパフォーマンスとして、6月11日に「コネクトライブVivid BADSQUAD1stCRASH」が開催されました。

「コネクトライブ」は、メドレーの一部の曲を除くすべての曲がフルサイズで演奏され、キャラクターがメッセージや呼び出しに反応する新しいバーチャルライブです。 この記事では、15:00から行われた最初のパフォーマンスのレポートをお届けします。

また、PASH! PLUSは、前回のリハーサル公演や初のリアルライブ「Mission Sekai COLORFUL LIVE 1st – Hyperlink-(セカライ)」などの「Proceca」のライブレポートを掲載しています。 興味のある方は是非チェックしてみてください!

■「Proceca」ライブレポート記事

Join Stay Vivid BAD SQUAD 1st CRASH 1st Efficiency Report

Join Liveは、2回のリハーサル後の最初のパフォーマンスになります。 公演を楽しみにしており、「Vivid BAD SQUAD」のメンバーである小津澤浩音、白石あんず、篠ノ目明仁、青柳冬也、加賀嶺凛、MEIKOのほか、公演前の発表。 通知では、コハネからカメラを借りて興奮する凛と、写真撮影の一部を冗談で盛り込もうとする京は、とてもリラックスしているようだ。

スタート時に会場が真っ暗になり、オープニング動画がスタート! バーチャルでありながらパワフルな演出により、会場の緊張感は徐々に高まります。

001

002

003

そして、OPが終わると、ビビバスと初音ミクの4人がステージに登場し、イベント「いつか、背中合わせの歌詞」で提供された新曲「Ahead」(歌詞/作曲:R Sound Design)を歌います。 “。 ..

センターステージを駆使したアグレッシブなダンスフォーメーションでエレクトロニックサウンドをフィーチャーしたポップチューンを披露すると、ライブオープニングから会場の緊張感はすでにピークに達しています。 呼び出しや応答、拍手が可能な場合はボタンが表示されるので、聴衆は歓声を上げ、拍手喝采を送りました。

004

005

030

006

曲が終わると、観客とビビバスは興奮して冷静にならず、MCパートになりました。 Vivibusのメンバーは、ライブへの熱意について話し、応援してメッセージを送信したユーザーに反応を送ります。 すべてのパフォーマーは、観客全員の顔を見たいかのように会場を歩き回り、さまざまな方向に手を振って行動しました。 観客としては、どの角度からステージを見るべきかという嬉しい悩みに圧倒されるようです。

007

008

MCパーツを外すと鏡音レンが登場! コハネ、キョウ、アキヒト、フユヤ、レンが2曲目「BeatEater」(Polyspicadery作曲・作曲)を披露。

曲が始まると衣装が一瞬で変わります。 衣装、音色、演出がクールで、会場のムードが一変します。 また、クールに踊りながらライブを存分に楽しんでいるように見えるレンもとても印象的でした。

009

010

011

012

3曲目「RADDOGS」(歌詞:q *左/作曲:八王子P)では、レンの代わりにミクが再び登場。 衣装はクラシックに変更され、コハネ、キョウ、アキヒト、トヤ、ミクが歌います。

この曲はエッジの効いた音と歌唱力を持っています。 アキヒトとフユヤのラップパートはとてもパワフルなので、観客をセカイに引き込みます。

013

014

「BeatEater」「RADDOGS」で怒りのパフォーマンスに魅了された後、MCでトークパートが繰り広げられます。 トークテーマは、聴衆のペンライトを用いた多数決により決定され、後者は「曲とセットリストについて(赤)」と「学校生活について(青)」から選ばれました。 明仁もこの結果に驚いています。

話は、コハネだけがユニット内の別の学校に通っているという事実を中心に展開しています。 毎日活動しているので、仲が良く、3人で学園祭に来て、一緒に試験勉強をしました。 やった。

015

トークパートが終わると、カイトが登場。 自分のペースで観客にファンサービスを提供すると、会場から黄色い歓声が聞こえてきます。

コハネ、キョウ、アキヒト、トヤ、カイトの最後の曲は「セカライ」でも上映された「シネマ」(作詞・作曲:綾瀬)。 衣装や踊り方が違うので、「セカライ」を見た人でも印象が変わったのかもしれません。

人生を映画として考えながら、葛藤する一人を描いた印象的な歌詞、心地よいピアノの音、そしてあなたに語りかける歌声が込められています。 歌の中で、トヤは聴衆に「みんなの声を聞かせて」と彼女の考えを伝え、聴衆は大きな歓声で応えます。

017

018

エンディングと思われる一曲を歌ったところ、ライブは大盛況のうちに終わりました…ミクがステージに立っていると思いました! 観客に感謝の気持ちを込めて、アンコールを促すと、コハネ、キョウ、巡音ルカがステージに登場します。

コハネ、キョウ、ルカが「コネクトライブリハーサルパフォーマンス」と「セカライ」に出演し、鉄板とも言えるリズム&ブルースナンバー「ジャストビーフレンズ」(作者作)。 作曲:Dixie Flatline)。

この3人のコスチュームはキュートでゴージャスでファンシー。 花びらの踊りの制作では、歌と踊りのパフォーマンスがとてもゴージャスで、快適に見ることができます。

019

020

連続して発表された5曲目は、明仁、トヤ、カイトの男たちに魅了された「梅風堂堂」(梅とら作曲・作曲)。 曲名と変わらない凛とした態度で、会場の雰囲気を一瞬で変えていきます。

神秘的でありながら特殊効果のある熱気でセクシーで魅惑的な歌を踊りながら歌ったとき、私が賞賛した涼しさは私にその日の最も黄色い歓声を与えました。

021

022

「JustBeFriends」と「PompandCircumstance」の2曲を経て、MCパートとなった。 明仁がルカとカイトを「楽しむプロ」と表現したとき、トヤはそれらをエミュレートしたいとコメントした。 観客は、トヤの正直さとメンバー同士の関係を感じさせる交流を応援します。

023

また、聴衆の感想から、生演奏された曲についてのトークも行われます。 「シネマ」「ジャスト・ビー・フレンズ」「威風堂々」を歌う際に、メンバー一人ひとりが感じたことやアドバイスなど、曲の秘話を語りました。

MCトークが終わろうとしているときにミクが現れます。 最後の本物の曲は、コハネ、キョウ、アキヒト、トヤ、ミクが歌う「ReadySteady」です!

トヤが「ビビバスの始まりの歌」と表現したこの曲は、ダンスがクールでスタイリッシュなトーンで成長する曲です。 観客は5人の全身のパフォーマンスに大声で歓声を上げます。

024

025

「プロセカ」ビビバスコネクトライブは「シネマ」「ビートイーター」「威風堂々」などの名曲が満載! 第1回パフォーマンスレポート|  PASH! プラス

震える歌が終わったら、いよいよライブが終わります。 ステージを回る中、5人は観客一人ひとりに感謝の気持ちを表し、大盛況のうちに幕を閉じました。

公園閉鎖後の発表では、4人のビビバに加えて凛とMEIKOが加わった。 二人から褒められて安心したようです。 最後に、応援してくださったユーザーの名前を読みながら、改めて聴衆に感謝しました。 感謝の気持ちを表すために、トヤが特定の名前の由来に興味を持っているシーンもあります。 最後までファンにとってはいいライブでした。

027

028

029

[“Connect Live Vivid BAD SQUAD 1st CRASH” 1st Performance Set List]



















曲順 曲名(歌詞/作曲) 歌/出演
1 「フォワード」(歌詞/作曲:Rサウンドデザイン) コズザワコハネ、白石あんず、篠ノ目明仁、青柳冬也、初音ミク
2 「BeatEater」(歌詞/作曲:Polyspicadery) コズザワコハネ、白石アンズ、シノノメアキヒト、青柳冬也、鏡音レン
3 「RADDOGS」(歌詞:q *左/作曲:八王子P) コズザワコハネ、白石あんず、篠ノ目明仁、青柳冬也、初音ミク
「シネマ」(歌詞・作曲:綾瀬) コズザワコハネ、白石アンズ、シノノメアキヒト、青柳冬也、カイト
アンコール – – 初音ミク
「JustBeFriends」(歌詞/作曲:Dixie Flatline) コズザワコハネ、白石あんず、巡音ルカ
6 「凛とした」(歌詞・作曲:梅とら) 篠ノ目明仁、青柳冬也、KAITO
7 「ReadySteady」(歌詞:q *左/作曲家:ギガ) コズザワコハネ、白石あんず、篠ノ目明仁、青柳冬也、初音ミク

※画像はゲーム画面のスクリーンショットです。
「ProjectSekaiColorfulStage!feat。初音ミク」公式サイト

「ProjectSekaiColorfulStage!feat。初音ミク」公式Twitter

(C)SEGA /(C)Colourful Palette Inc. /(C)Crypton Future Media、INC。Www.piapro.net無断転載を禁じます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.